ひきこもりとは何でしょうか。それは、拒否の継続です。登校を拒否、社会参加を拒否することが一回ではなく、数百回、数千回続くことです。それは意志の表明ではなく、命=人の身体や深層心理の複合化されたもの、の叫びです。その叫びは、鋭く、深く、激しく人間存在の根源から立ち上ってきます。だからそれは尊重されなければなりません。つまりそれは近未来の人類文化=登校拒否文化における基本的人権です。